出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

女性胴体、通報後も3日放置 滋賀県警「動物の死骸」

女性の遺体の一部が見つかった現場を調べる滋賀県警の鑑識課員ら(14日午後2時10分、守山市今浜町)
女性の遺体の一部が見つかった現場を調べる滋賀県警の鑑識課員ら(14日午後2時10分、守山市今浜町)

 滋賀県警捜査1課などは14日、守山市今浜町の旧野洲川の河川敷で、女性の遺体の一部が見つかったと発表した。遺体は胴体部分で、首や肩、脚の付け根で切断されたとみられる。県警は何者かが遺体を放置したとみて、死体遺棄事件として守山署に捜査本部を設置した。

 司法解剖の結果、年齢は35~50歳くらいで、死後1~2週間とみられる。県警によると、人目につく状態で地面に放置されていたという。全体的に傷みが進んで一部が白骨化していた。衣類などは身につけていなかった。

 県警の説明では、10日午後1時40分ごろ、通行人から「動物の死骸がある」と110番があった。現場へ行った守山署員も動物と判断して13日まで現場に置いていたが、14日に解剖したところ人体と判明したという。

 現場は琵琶湖大橋東詰めから東約2キロ。現場付近の河川敷は都市公園として利用されており、近くに住宅地がある。

【 2018年03月14日 23時51分 】

ニュース写真

  • 女性の遺体の一部が見つかった現場を調べる滋賀県警の鑑識課員ら(14日午後2時10分、守山市今浜町)
  • 現場地図
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース