出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

家庭のルーターにサイバー攻撃
個人情報盗む目的か

 フェイスブックの機能追加を装い、不正アプリをダウンロードさせるスマートフォンの画面(カスペルスキー提供)
 フェイスブックの機能追加を装い、不正アプリをダウンロードさせるスマートフォンの画面(カスペルスキー提供)

 家庭などでインターネットに接続する際に使う機器「ルーター」の設定を勝手に書き換え、不正サイトに誘導するサイバー攻撃が相次いでいることが4日までに分かった。パソコン周辺機器メーカーのロジテック(東京)が被害を明らかにした。バッファロー(名古屋市)も利用者から被害報告を受けている。セキュリティー専門家は個人情報を盗む目的があるとみている。

 被害を受けたルーターを使って、アンドロイド端末のスマホでネット接続しようとすると、不正アプリのダウンロードを求める偽画面が表示される。通常のサイトにはつなげなくなり、ロジテックは2日から自社サイトで注意を呼び掛け始めた。

【 2018年04月04日 21時26分 】

ニュース写真

  •  フェイスブックの機能追加を装い、不正アプリをダウンロードさせるスマートフォンの画面(カスペルスキー提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース