出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「怒鳴られ発砲、あり得ない」 滋賀の射殺、若手警官の思い

発砲があった彦根署河瀬駅前交番を調べる捜査員ら(12日午前0時36分、彦根市南川瀬町)
発砲があった彦根署河瀬駅前交番を調べる捜査員ら(12日午前0時36分、彦根市南川瀬町)

 滋賀県警彦根署の警察官が、教育係の巡査部長(41)を射殺した事件で、殺人容疑で県警に逮捕されたのは、警察学校を卒業後、現場に配属されてわずか2カ月あまりの男性巡査(19)だった。若い警察官は、拳銃についてどのような訓練や指導を受け、貸与されてどんなことを感じているのか。他県の若手警察官が14日までに京都新聞社の取材に応じ、今回の事件に対する衝撃や、初めて拳銃を手にしたときの思いを語った。

 この警察官は、警察学校に入ってから1~2カ月後、初めての射撃訓練に臨んだ。20メートルほど離れた的に20発ほどを撃った。想像していたより反動は少なく、「こんなものか。エアガン感覚だ」と感じた。

 訓練前、「撃ちたくない」「怖い」と教官に申し出る女性警察官もいた。教官が「仕事だから、撃たなあかん」とたしなめ、全員が発砲した。その後、月に一度ほど射撃訓練をした。検定に合格しないと拳銃を貸与されないため、射撃が下手な警察官は授業後も居残って訓練していた。

 現場で勤務して数年。今も、年に1度は訓練で発砲するが、現場では拳銃をホルダーから取り外したことはない。「これからも、ほぼゼロに近い確率だと思っている」

 今回の事件に、衝撃を受けている。「厳しい職場なので怒鳴られたりすることもあるが、一緒に5回勤務しただけで、発砲するなんてあり得ない。特殊すぎる」と厳しく非難する。

 同じ組織の若手警察官が、貸与された拳銃を自らに向け、命を絶ったことがあった。「拳銃を持っているから、極端な話、やろうと思えばできる。警官が警官を撃つ事件もなかったのが不思議」と話す。

 一方で、未成年や経験の浅い警察官に、拳銃の貸与を制限すればいいかと問うと、「拳銃を持たないと、凶悪犯から市民や自分を守れない。制服を着ているのだから、警察官として意味がない」ときっぱり答えた。

【 2018年04月15日 12時33分 】

ニュース写真

  • 発砲があった彦根署河瀬駅前交番を調べる捜査員ら(12日午前0時36分、彦根市南川瀬町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      D9―1中(21日)
      DeNAが3連勝

      20180921000184

       DeNAが3連勝。一回にソトの中犠飛で同点とし、二回は桑原の本塁打で勝ち越した。四回は..... [ 記事へ ]

      経済

      東北全域ローソンで金足農のパン
      秋田県内の限定販売が拡大

      20180921000182

       ローソンは21日、夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した金足農(秋田市)と共同開発した..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      多彩な模様、遺伝子で決まり
      テントウムシの羽で特定

      20180921000163

       テントウムシの一種「ナミテントウ」の多彩な羽の模様は、「パニア」と呼ばれる一つの遺伝子..... [ 記事へ ]

      国際

      日系カナダ人の収容補償が30年
      責任追及で公文書が決定的な

      20180921000178

       【オタワ共同】カナダ政府が1988年に第2次世界大戦中の日系カナダ人に対する強制収容を..... [ 記事へ ]