出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

鍵掛けた教室から?個人情報用紙を紛失 大阪の府立高

 大阪府教育庁は19日、府立福井高で氏名や住所などが記載された生徒40人分の個人情報用紙を紛失したと発表した。情報流出などの被害は確認されていないとしている。

 府教育庁によると、紛失したのは新入生の氏名のほか電話番号や保護者氏名などが記載された用紙40枚。2日、教員が回収した用紙を教室へ運び、鍵を掛けて教室を離れた。数時間後に戻るとなくなっていたという。

 また、同府教育センター付属高でも2年の生徒35人分の個人情報が記載されたカードが紛失。生徒の氏名や出身中学、配慮してほしい事柄などが記入されたカードで、昨年4月に職員室内の棚に保管していたが、今年3月に1クラス分がないことに気付いたという。

【 2018年04月20日 06時14分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース