出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

海賊版サイト遮断は憲法違反
法学者らシンポで政府に反対意見

 「海賊版サイト」問題でネットの接続遮断に反対し、意見を交わすシンポジウムの出席者ら=22日午後、東京都千代田区
 「海賊版サイト」問題でネットの接続遮断に反対し、意見を交わすシンポジウムの出席者ら=22日午後、東京都千代田区

 漫画やアニメの違法コピーを掲載している「海賊版サイト」問題で、インターネット接続を遮断する「サイトブロッキング」をするのが適当とした政府の緊急対策について、法学者らでつくる情報法制研究所は22日シンポジウムを開き、参加者らは「通信の秘密を保障した憲法に違反している」と反対意見を述べた。

 京都大の曽我部真裕教授は冒頭「著作権は大事だが、『検閲』に当たるブロッキングを立法なしで行うことを、立ち止まって考えてほしい」と呼び掛けた。

 集会にはプロバイダー関係者も参加し、「自分は関係ないと思っている人も、全ての人の通信履歴がチェックされることになる」と説明した。

【 2018年04月22日 21時02分 】

ニュース写真

  •  「海賊版サイト」問題でネットの接続遮断に反対し、意見を交わすシンポジウムの出席者ら=22日午後、東京都千代田区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース