出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

休日夜間の障害者支援を強化 京都市、電話相談を拡大

 京都市は、休日・夜間の障害者支援態勢を強化した。電話相談窓口を開設したほか、緊急時にヘルパーが利用できない場合に介護にあたる通所施設職員らの費用負担を始めた。休日・夜間や緊急時といった隙間を埋め、障害者が安心して暮らせる地域づくりにつなげる。

 休日・夜間の電話相談は、各区役所・支所、市内15カ所の障害者地域生活支援センターでは対応していないため、2015年度から上京、中京、下京、南の4区でモデル実施した。市によると、「気持ちが落ち着かないので話を聞いてほしい」「すぐに仕事ができる自信がなく、訓練の制度はないか」「介護で使える公的支援は他にもないか」といった相談があり、ニーズが確認できたため、本年度から市全域に拡大した。

 相談窓口として開設した電話相談受付センター075(572)8528=ファクス共通=の業務時間は平日が午後7時~翌日午前8時半、土日祝日・年末年始は終日。相談内容によっては支援機関につなぐ。業務は、府内で障害者福祉施設を運営する南山城学園(城陽市)に委託した。

 通所施設職員による応急的な介護の費用は、市が施設に支給する。休日・夜間に障害者を世話している家族が倒れるといった緊急時を想定している。通所施設職員による緊急時の介護は、国の介護給付対象になっていないため、従来は施設が負担していた。

 市障害保健福祉推進室は「在宅で暮らす障害者は増えており、高齢化したり、親が亡くなったりした後でも住み慣れた地域で暮らせるように支援を充実した」としている。

【 2018年05月14日 17時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      テニス錦織が準々決勝へ
      マゼル・オープン

      20180920000004

       【メッス(フランス)共同】男子テニスのマゼル・オープンは19日、フランスのメッスで行わ..... [ 記事へ ]

      経済

      先端機器開発へ島津製がラボ 関西学研都市、AIを駆使

      20180919000198

       島津製作所は19日、関西文化学術研究都市の基盤技術研究所(京都府精華町)内に、新たな研..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      青春の終わり、生々しく 映画「きみの鳥はうたえる」22日から

      20180919000115

       夏が終わり、季節の移ろう今にぴったりの映画が「きみの鳥はうたえる」だろう。20代半ばの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      トラクター自動運転で耕運 滋賀でデモ、後継者難打開に期待

      20180919000153

       近畿農政局は、無人自動運転で耕運作業などを行うトラクターのデモンストレーションを19日..... [ 記事へ ]

      国際

      豪で市販のイチゴに針混入相次ぐ
      不安拡大、店頭から撤去

      20180919000131

       【シドニー共同】オーストラリアで市販のイチゴから縫い針が見つかるケースが相次ぎ、消費者..... [ 記事へ ]