出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

デジタル教科書を正式に認定
改正学校教育法、参院で成立

 タブレット端末などで利用できる「デジタル教科書」を正式な教科書と同様に使えるよう認める改正学校教育法が25日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。電子黒板との通信機能など、デジタルの特性を生かすことで指導の幅が広がるとして、文部科学省は小学校で新学習指導要領が全面実施される2020年度以降、本格普及させたい考えだ。

 デジタル版は紙の教科書と同じ内容だが、音声や動画も扱え、特に英語や理科での理解促進につながるとの見方がある。また、文字の拡大や読み上げ機能を利用すれば、障害がある児童生徒の学習にも効果が期待できる。

 現行法は紙の教科書の使用を定めている。

【 2018年05月25日 12時11分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース