出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

在日コリアンら「会談実現」訴え
朝鮮半島の平和願い

 在日コリアンらが27日、東京都荒川区の日暮里駅前広場で、朝鮮半島の平和を願う祭り「統一マダン」を開いた。参加者からは「南北統一と平和のため、米朝首脳会談を何とか実現してほしい」と願う声が上がった。

 マダンは韓国語で広場の意味。在日韓国民主統一連合(韓統連)などでつくる実行委員会が主催し、この日が25回目。舞台では朝鮮学校の生徒による舞踊やKポップダンスが披露され、数百人が屋台の韓国料理などを楽しんだ。

 梁炳龍・韓統連東京本部代表は開会あいさつで南北首脳会談を歓迎し「平和のため、朝米も前に進むしかない。この喜びを分かち合おう」と万歳三唱した。

【 2018年05月27日 19時11分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース