出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「わらじ医者」早川一光さん死去 戦後の地域医療に尽力

早川一光さん
早川一光さん

 戦後間もなくから京都の地域医療に尽力し、「わらじ医者」と親しまれた医師の早川一光(はやかわ・かずてる)さんが2日午後3時54分、京都市右京区の自宅で死去した。94歳。愛知県出身。近親者で密葬を済ませた。葬儀・告別式は本人の遺志で行わない。

 京都府立医科大卒。終戦直後で医療環境の乏しかった1950年、京都・西陣の住民の出資で設立され、堀川病院(京都市上京区)の前身に当たる診療所で医師となった。往診や訪問看護といった在宅医療に力を入れ、副院長や院長を歴任し、半世紀にわたって同病院の地域医療に携わった。往診を通じて住民と深い関係を築く姿が、82年にNHKでドラマ化された。

 80年の「呆(ぼ)け老人をかかえる家族の会」(現認知症の人と家族の会)設立に関わったほか、パーソナリティーを務めたKBS京都のラジオ番組で健康や医療、高齢者問題などを取り上げ、今年3月末の放送終了まで30年余り親しまれた。政界でも京都市議を59年から1期4年務めた。2014年に血液がんの一種の多発性骨髄腫が見つかり、闘病生活を送っていた。

 患者に寄り添い、心を通わせる医療の必要性を一貫して訴えた。闘病中も患者の立場から、医療制度への問題提起や老いとの向き合い方を、長女のフリーライター早川さくらさんの聞き書きによる本紙連載「こんなはずじゃなかった」(16年1月~18年5月)で発信していた。

【 2018年06月05日 08時06分 】

ニュース写真

  • 早川一光さん
  • 1988年の堀川病院のパンフレットに掲載された往診中の早川さん。京都市の西陣地域で在宅医療に力を入れた
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サンガ3連勝、最下位脱出 J2、山口破る

      20180818000172

       サッカーJ2の第29節は18日、維新みらいふスタジアムほかで10試合を行い、京都サンガ..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都伝統の地蔵盆、存続の岐路 不参加増え自治会苦慮

      20180818000160

       伝統行事の地蔵盆の維持に苦慮する京都市内の町内会が増えている。市中心部でホテルやマンシ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学校にユニバーサルデザイン 誰もが学びやすく

      20180818000145

       京都市立の小中学校で、障害の有無や個人の特性に関わらず誰もが問題なく学校生活を送れるよ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]

      国際

      トルコ大統領、米陰謀示唆
      リラ急落は「クーデター」

      20180818000173

       【アンカラ共同】トルコのエルドアン大統領は18日の演説で、米国との対立を背景とした通貨..... [ 記事へ ]