出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都市の宿泊税とは

 <京都市の宿泊税> 宿泊施設が利用者から徴収し、市に納める。課税額は1泊の宿泊料金2万円未満が200円、2万円以上5万円未満が500円、5万円以上が千円。修学旅行生は課税対象外。今年10月から導入予定。税収は初年度19億円、来年度以降は45億円を見込む。観光客の受け入れ体制の充実や市バスなどの混雑緩和、違法民泊の取り締まりなどに充てる。

【 2018年06月06日 08時29分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース