出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

著作権侵害疑い、ゲームバー摘発 京都、任天堂などが告訴

 客に家庭用テレビゲーム機で遊ばせたとして、京都府警中京署などは13日までに、著作権法違反(上映権の侵害)の疑いで、京都市中京区の飲食店「ゲームバー クランツ」経営者(32)=北区紫野下石龍町=ら男3人を逮捕した。

 逮捕容疑は4月12日、中京区の同店舗で、客に家庭用ゲームソフト「マリオカート8」などで遊ばせ、ソフト製作会社の著作権を侵害するなどした疑い。

 京都府警によると、同店は店内の壁に9台のモニターを設置し、スーパーファミコンなどのゲーム機12種類とソフト952本を用意。客はチャージ代500円を支払い、飲食しながら自由に遊べるという。府警は5月に任天堂などから告訴を受け捜査していた。

【 2018年06月13日 12時50分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース