出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・宮津市長に城﨑氏 無投票で初当選

無投票で初当選を決め万歳を繰り返す城﨑さん(中央)=17日午後5時33分、京都府宮津市新浜のホテル
無投票で初当選を決め万歳を繰り返す城﨑さん(中央)=17日午後5時33分、京都府宮津市新浜のホテル

 任期満了に伴う京都府宮津市長選が17日告示され、無所属新人で前市議の城﨑雅文氏(47)=自民党、公明党推薦=以外に立候補者がなく、城﨑氏の無投票での初当選が決まった。同市長選で新人候補の無投票は60年ぶり。

 城﨑氏は今期で引退する現職の井上正嗣市長(69)の後継として、5月に立候補を表明。「夢と希望があふれ、住み続けられるまちづくり」を掲げ、観光振興や産業支援による地域の経済力向上や、若者の定住促進などを訴えた。

 共産党系の市民団体は、独自候補の擁立を目指したが、告示前に断念した。

 当選後、城﨑氏は「無投票は残念だったが、皆さんに市長として認めていただけるかどうか、今からが本当の真価を発揮する時。新人らしくさまざまな課題に取り組み、地域全体を盛り上げたい」と抱負を語った。

【 2018年06月17日 17時32分 】

ニュース写真

  • 無投票で初当選を決め万歳を繰り返す城﨑さん(中央)=17日午後5時33分、京都府宮津市新浜のホテル
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース