出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・向日町競輪場、ガラス散乱 大阪北部地震で開催中止

特別観覧席のガラスが割れた京都向日町競輪場(向日市寺戸町)
特別観覧席のガラスが割れた京都向日町競輪場(向日市寺戸町)

 18日発生した大阪北部地震の影響で、JR向日町駅(寺戸町)では、改札口付近の支柱が破損し、コンクリートがはがれ落ちて鉄骨の一部がむき出しに。駅関係者が駅舎の安全確認を進めるとともに、通勤や通学の途中の人たちが運行の再開めどを待って列をつくった。

 京都向日町競輪場は、スタンド3階にある特別観覧席の縦約5メートル、横約2メートルのガラス計7枚が割れ、地上に散乱した。このため、18日の場外発売と、19~21日の本場開催の中止を決めた。職員は「開門前でお客さんがいない時間帯でよかった」と胸をなで下ろす一方、「前日入りしている本場開催の出場選手もいたが、帰ってもらわないといけない」と対応に追われていた。

【 2018年06月18日 23時59分 】

ニュース写真

  • 特別観覧席のガラスが割れた京都向日町競輪場(向日市寺戸町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース