出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都刑務所で621人食中毒 受刑者、下痢や腹痛

 京都市保健所は4日、京都刑務所(山科区)の給食施設で調理した食事を食べた受刑者621人が下痢や腹痛などの症状を訴え、調査の結果、食中毒と断定したと発表した。市は4日から3日間、給食施設の使用停止を命じた。

 市によると、給食施設では受刑者24人が調理を担当している。症状の訴えがあった6月28日までの3日間は、みそ汁や焼き魚などを提供した。全受刑者1122人のうち、20~70代の621人が下痢などを訴えたが、重症者はいないという。原因となった菌などは分かっていない。

 同刑務所によると、食中毒の発生は初めて。28日以降、給食業務を自粛しており、受刑者は外部発注した弁当を食べているという。

【 2018年07月04日 23時11分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース