出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ナマコ500キロ、市場から盗む 窓ガラス割り籠ごと

 17日午前4時10分ごろ、北海道岩内町大浜の岩内地方卸売市場で、地元漁協の職員がナマコ約500キロ(約350万円相当)がなくなっていることに気付き、110番した。岩内署は、窃盗事件として調べている。

 署によると、漁協職員が出勤したところ、市場の窓ガラスが割られ、保管していたナマコが籠ごとなくなっていた。ナマコは16日に水揚げしたもので、署は同日夕から17日未明の間に何者かが盗んだとみている。ナマコは中国などでの人気により価格が高騰し、道内では密漁も相次いでいる。

【 2018年07月17日 13時11分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース