出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都市、7日連続で38度超 全国2位の38・6度

 京都府や滋賀県では20日も各地で最高気温が35度を超え、厳しい暑さとなった。京都市中京区では全国2番目の38・6度まで上がり、38度超が7日連続となって記録を更新した。京都地方気象台は7月末まで35度以上の猛暑日が続くとして、熱中症に注意を呼び掛けている。

 全国の最高気温上位10観測地点のうち、福知山市と舞鶴市が8番目の38・2度、京田辺市が10番目の38・1度と、府内が四つを占めた。滋賀県では大津市で36・9度、長浜市で36・1度となった。

 各地の消防によると、熱中症の疑いで搬送された人は京都府内で午後6時までに80人、滋賀県内は40人に上った。

【 2018年07月20日 23時41分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース