出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

熱射病で男性受刑者死亡、名古屋
刑務所の単独室に冷房なし

 愛知県みよし市の名古屋刑務所で40代の男性受刑者が24日に死亡、熱中症の中で最も症状が重い熱射病と診断されていたことが25日、刑務所への取材で分かった。受刑者がいた単独室に冷房はなかったという。

 刑務所によると、4階の単独室で24日午前5時35分ごろ、受刑者が嘔吐して横たわっているのを巡回中の刑務官が発見した。呼び掛けに応じず、近くの病院に搬送、間もなく死亡が確認された。15分前に巡回した際、異常はなかったとしている。

【 2018年07月25日 17時51分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース