出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

体験重視の教育機関を設立
通信制高と連携、堀江貴文さん

 通信制高のサポート校「ゼロ高等学院」の設立について説明する堀江貴文さん=26日午後、東京都内
 通信制高のサポート校「ゼロ高等学院」の設立について説明する堀江貴文さん=26日午後、東京都内

 実業家の堀江貴文さんが26日、東京都内で記者会見し、通信制の鹿島山北高(神奈川)のサポート校として、村づくりなどさまざまなプロジェクトを用意し、生徒の体験を重視する教育機関「ゼロ高等学院」を10月に設立すると発表した。

 同学院は実業家の人脈を生かし、宇宙ロケットの開発・発射や、店舗で働きながらすし職人の技術や経営を学ぶといった活動に参加できるのが特色。実体験を通じ、生徒自身がやりたいことを見つけ出す教育機関を目指すという。

 堀江さんは人工知能(AI)などによって将来の職業は大きく変化すると主張し、「必要とされる人をつくるのが主目的」と設立理由を述べた。

【 2018年07月26日 20時36分 】

ニュース写真

  •  通信制高のサポート校「ゼロ高等学院」の設立について説明する堀江貴文さん=26日午後、東京都内
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース