出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

由良川下流部にポンプ車事前配置 京都・台風接近に備え

 国土交通省福知山河川国道事務所は27日、保有する排水ポンプ車5台のうち4台を、由良川下流部に配置すると発表した。28日までに、福知山市大江町地域と舞鶴市加佐地域に2台ずつ配置し、台風12号の接近に備える。

 西日本豪雨では、由良川下流部の各地で内水氾濫が発生し、大きな被害を受けた。排水ポンプ車は内水被害の軽減に有効だが、道路冠水などによって現地に到着できない恐れがあり、事前の配置を決めた。

 一方、福知山市街地などの中流部では、近畿地方整備局の所有するポンプ車2台を配置して、対応能力を維持する。

【 2018年07月28日 06時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース