出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

実の娘にわいせつ、男に懲役6年 大津地裁判決

 実娘にわいせつな行為をしたとして、監護者性交等罪に問われた男の判決が31日、大津地裁であり、伊藤寛樹裁判長は懲役6年(求刑懲役7年)を言い渡した。同罪の判決は京滋では初めて。

 判決理由で伊藤裁判長は、小学生の頃から性的行為に応じさせ、社会の普遍のルールに大きく背いたとし、「厳しい批判はまぬがれない」とした。被害少女や妻が猶予判決を求める嘆願書を提出していたが、「家庭を支える努力は伺えるが、刑を大きく抑えることはできない」とした。

 同罪は昨年7月に施行され、告訴なしで罪に問える非親告罪になっている。公判は被害者保護を理由に、被告人の名前や年齢、居住地などが伏せられた。

【 2018年07月31日 23時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース