出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

不起訴の元組員を一転逮捕 13年のゲーム店男性銃撃疑い

 2013年に大阪市のゲーム店で男性を拳銃で撃ったとして、大阪府警捜査4課は6日までに、殺人未遂と銃刀法違反の疑いで、指定暴力団山口組系の元組員中山博司容疑者(65)=前橋市天川大島町=と、指定暴力団道仁会系組幹部渡辺一生容疑者(48)=住所不定=を逮捕した。

 捜査4課によると、中山容疑者は14年に同じ容疑で府警に逮捕されたが、嫌疑不十分で不起訴処分となった。しかし別の事件で起訴され、勾留中だった渡辺容疑者が今年4月、中山容疑者の関与を供述。大阪地検は今後、いったん不起訴とした事件を、新証拠を基に再捜査する「再起」の手続きを取るとみられる。

【 2018年08月06日 18時24分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース