出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・福知山露店爆発事故とは

 <京都・福知山露店爆発事故> 2013年8月15日、花火大会が開催されていた京都府福知山市の由良川河川敷で、露店主が発電機に給油しようとした際、携行缶からガソリンが噴出して爆発した。3人が死亡し、55人が重軽傷を負った。露店主は業務上過失致死傷罪で禁錮5年の刑が確定。遺族や負傷者への補償は、2018年3月上旬までに、被害者57人全員と実行委とで示談が成立した。

【 2018年08月10日 16時24分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース