出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

黒田暢氏死去 元嵯峨美術短期大学長、染色家

 黒田 暢氏(くろだ・とおる=元嵯峨美術短期大学長、嵯峨美術短期大名誉教授、染色家)16日午後5時22分、急性心肺不全のため、京都市上京区の病院で死去、89歳。京都市出身。自宅は非公表。葬儀・告別式は19日午前10時、京都市中京区西ノ京南大炊御門町10、シティホール西ノ京玉泉院で。喪主は妻冨紀子(ふきこ)さん。

 明治京都洋画壇の黒田重太郎の次男。1983~85年、同短大学長を務めた。

【 2018年08月17日 18時50分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース