出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

障害者雇用率水増し「現時点でない」 滋賀県知事

 滋賀県の三日月大造知事は21日の記者会見で、中央省庁などで発覚した障害者の雇用率水増しについて、「現時点で滋賀県で不適切なことはない」と明らかにした。問題がないか改めて確認するため、県庁内の調査を指示したという。

 今年6月時点で県職員の障害者割合は2・6%で、国の法定基準を満たしている。採用試験時に障害者手帳を確認しているという。

 三日月知事は省庁の水増しについて「とても残念だ。(雇用率への)信用や障害者雇用の取り組みに水を差さないよう注意しないといけない」と述べた。今後、県での調査手法を検討し、結果は公表するという。

【 2018年08月21日 23時50分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース