出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

障害者雇用数水増しに再発防止策
10月までに点検の仕組みを検討

 障害者雇用水増し問題で、国会内で開かれた野党合同ヒアリング。手前は関係府省庁の担当者=24日午前
 障害者雇用水増し問題で、国会内で開かれた野党合同ヒアリング。手前は関係府省庁の担当者=24日午前

 政府は24日、中央省庁が雇用する障害者数を水増ししていた問題を巡り、10月に想定される臨時国会召集までに、再発防止策や障害者の雇用確保策を取りまとめる方針を固めた。新たに全省庁の局長以上の幹部で構成する会議も設ける方針で、中央省庁や自治体の障害者雇用の状況を点検する仕組み作りなど、具体策を検討する。

 都道府県などでも不正算入が相次いで発覚していることから、近く全国調査も開始し、実態を把握する。中央省庁分については既に昨年分の再調査を始めており、28日に公表する見通し。それに先立ち同日に関係閣僚会議を開く方向で検討している。

【 2018年08月24日 13時21分 】

ニュース写真

  •  障害者雇用水増し問題で、国会内で開かれた野党合同ヒアリング。手前は関係府省庁の担当者=24日午前
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース