出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

三成主役の大河ドラマを要望 ゆかりの滋賀首長ら、NHKに

石田三成を主役とする大河ドラマの実現を訴えるびわ湖・近江路観光圏活性化協議会のメンバーら(東京都渋谷区・NHK放送センター)
石田三成を主役とする大河ドラマの実現を訴えるびわ湖・近江路観光圏活性化協議会のメンバーら(東京都渋谷区・NHK放送センター)

 戦国武将石田三成を主人公とする大河ドラマの制作を求め、ゆかりの滋賀県長浜、米原、彦根各市でつくる「びわ湖・近江路観光圏活性化協議会」(会長・大久保貴彦根市長)が24日、東京都内でNHKに要望書を提出した。要望は今回が初めてで、NHKは「熱意は受け止めて検討したい」とした。

 この日は大久保氏のほか、藤井勇治長浜市長、平尾道雄米原市長ら同協議会メンバーが渋谷区のNHK放送センターを訪問。「従来の歴史ファンのみならず、若い女性層にも波及している」などと三成の魅力を訴える要望書を手渡し、ドラマ制作の実現を求めた。

 NHK側からは「有力な候補の1人ではある」などの意見が出た。堂元光・NHK副会長も「三成の出てこない戦国ものはない」と存在感を認めつつ「ありがたい話だが、全国各地から(ゆかりの人物についての)膨大な数の要望がある」と述べた。

 協議会はこのほか、日本橋の滋賀県情報発信拠点「ここ滋賀」で23日から2日間、三成をテーマに地元飲食店が開発した菓子やかまぼこを販売。24日も三成のイラストを車体にあしらったタクシー車両で都内を移動し、ゆかりの地をPRした。

【 2018年08月24日 22時50分 】

ニュース写真

  • 石田三成を主役とする大河ドラマの実現を訴えるびわ湖・近江路観光圏活性化協議会のメンバーら(東京都渋谷区・NHK放送センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース