出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

琵琶湖沿い電柱150m倒れる 台風禍、2集落孤立も

台風21号による猛烈な風で、約150メートルにわたって電柱がなぎ倒された海津の町並み(5日午前10時50分ごろ・高島市マキノ町)
台風21号による猛烈な風で、約150メートルにわたって電柱がなぎ倒された海津の町並み(5日午前10時50分ごろ・高島市マキノ町)

 滋賀県内では5日、台風21号の影響で国の重要文化的景観に選定されている高島市マキノ町海津地区の琵琶湖沿いの集落で、電柱が約150メートルに渡って倒れ、石積の水辺景観を形成する木造の家並みに被害が出ていることが判明した。

 高島市朽木の山間部では、唯一のアクセスとなる県道が倒木で通行止めとなり、集落が孤立状態になった。県や市は5日、住民の安否確認とともに、復旧作業を急いだが、開通のめどは立っていない。

 同市によると、山間部の集落のうち、完全に孤立しているのは木地山区(8世帯15人)と能家区(7世帯11人)の2集落。いずれもおびただしい倒木が県道をふさいでいる。県高島土木事務所は5日未明から倒木の除去を開始。「6日朝にかけては、夜通しで復旧作業に取り組む」としている。

 滋賀県内の各消防によると5日、新たに25人のけが人が判明し、重軽傷者は計62人となった。県内ではこのほか4日に東近江市で男性(71)が死亡、長浜市で男性(88)が意識不明となっている。

【 2018年09月05日 23時40分 】

ニュース写真

  • 台風21号による猛烈な風で、約150メートルにわたって電柱がなぎ倒された海津の町並み(5日午前10時50分ごろ・高島市マキノ町)
  • 孤立した高島市の集落

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース