出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

屋根から転落、京都・井手町議が死亡 台風被害の調査中

 7日午後4時ごろ、京都府城陽市中の民家で、台風21号の被害を調査していた京都府井手町議で工務店経営の村田忠文さん(56)=井手町多賀=が、2階の屋根から転落、頭や胸を強く打つなどして死亡した。

 城陽署によると、村田さんは依頼を受けて台風で損傷した瓦のふき替えのため屋根に登り、被害状況を調べていたところ、転落したという。民家の住人が消防に通報し、ドクターヘリで宇治市内の病院へ搬送されたが2時間後に死亡が確認された。

 村田さんは無所属の井手町議で、現在6期目。これまで議長や副議長などを歴任した。

【 2018年09月07日 23時30分 】

岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース