出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

仕事と育児両立、大学生が体験 「会社風土が影響」指摘も

仕事と育児の両立を体験した大学生による発表会(京都市中京区・ウィングス京都)
仕事と育児の両立を体験した大学生による発表会(京都市中京区・ウィングス京都)

 大学生が仕事と育児の両立を体験する京都府の「ワーク&ライフ・インターン」事業の体験発表会が14日、京都市中京区のウィングス京都で開かれた。学生らは「不安だったが周囲の環境に頼れば両立できそう」「両立には職場内の人間関係が大事」などと感想や気付いた課題を報告した。

 事業は、仕事と育児の両立への不安を解消するため、昨年度に賛同企業を募り初めて実施した。本年度は8~9月に11人の学生が府内5企業と府庁などで仕事を体験した後、育児中の社員とともに子どもを保育園などに迎えに行き、各家庭で子どもと触れ合った。

 学生らの多くは「帰宅後の子どもの笑顔と仕事への責任感が両立の力になることが分かった」「家で大変な時は仕事で気分転換できる」などと発表し、仕事と育児の両立に対して前向きに捉え直していた。両立しやすい環境づくりについては「急に学校や保育園が休みになった時などに子連れ出社できる仕組みが必要」「職場内での互いの気遣いや理解が大切」などと課題を挙げた。

 京都橘大2年の高石遙香さん=山科区=は「両立して働くには会社の風土が影響しそう。就職活動でも注目していきたい」と話していた。

 一方、第1子をもうける希望年齢に関する学生の意識調査結果によると、インターン体験前の回答では「30代前半」が最多だったが、体験後は大半が「20代後半」と答えた。府の合計特殊出生率は1・31で都道府県中44位と低迷しており、府こども総合対策課は「第1子を産む年齢が早まれば、第2子、第3子を産む可能性が高まる」と、人口減少対策としても事業の効果に期待していた。

【 2018年09月15日 07時30分 】

ニュース写真

  • 仕事と育児の両立を体験した大学生による発表会(京都市中京区・ウィングス京都)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      中4―7ヤ(25日)
      ヤクルトが逆転勝ち

      20180925000220

       ヤクルトが逆転勝ちで3連勝を飾った。2―4の九回1死二、三塁から大引と坂口の適時打で追..... [ 記事へ ]

      経済

      日本、自動車関税の凍結主張
      米は貿易赤字削減要求、閣僚級

      20180925000165

       【ニューヨーク共同】日米両政府は米ニューヨークで25日朝(日本時間25日夜)、茂木敏充..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      11月に新開場、南座に櫓上がる 京都、大提灯も新調

      20180925000195

       耐震改修のため3年近く休館している南座(京都市東山区)が、11月1日初日の顔見世で新開..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮

      20180924000059

       現存する国内最古の学生寮とされる京都大吉田寮(京都市左京区)の先行きが不透明になってい..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネパール家屋の耐震技術開発へ
      金網で手軽に補強、防科研など

      20180924000072

       防災科学技術研究所(茨城県つくば市)と千葉大のチームが、2015年のネパール大地震で多..... [ 記事へ ]

      国際

      日本酒、「極上の甘口」が最高賞
      中国で品評会

      20180925000183

       【北京共同】中国の一般消費者が試飲で好みの日本酒を選んだ品評会の授賞式が25日、北京で..... [ 記事へ ]