出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

駅救護室で乱暴疑いの元JR社員を釈放 処分保留で

 神戸地検尼崎支部は18日までに、駅で酒に酔って寝ていた女性を救護室に連れ込み乱暴したとして準強制性交の疑いで逮捕されたJR西日本の男性元社員(23)を処分保留で釈放した。14日付。理由は明らかにしていない。

 元社員は7月31日未明、兵庫県尼崎市のJR立花駅の救護室で泥酔して抵抗できない女性に乱暴した疑いで、8月27日に兵庫県警に逮捕された。県警によると、逮捕時には「介抱しただけ」と容疑を否認していた。JR西は8月3日に懲戒解雇処分としていた。

【 2018年09月19日 06時17分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース