出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

愛知でスペシャル五輪開幕
選手千人参加、国内大会

 「スペシャルオリンピックス」国内大会の開会式で、安藤美姫さん(右)と聖火をリレーする選手=22日午後、名古屋市
 「スペシャルオリンピックス」国内大会の開会式で、安藤美姫さん(右)と聖火をリレーする選手=22日午後、名古屋市

 知的障害のあるアスリートのスポーツイベント「スペシャルオリンピックス(SO)」の国内大会が22日、愛知県で開幕した。2019年にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開かれる世界大会の代表選考も兼ねており、47都道府県から選手約千人が参加した。

 SOは、スポーツを通して、知的障害のある選手らに交流を深めてもらい、社会参加を応援するのが目的。4年に1度の夏季と冬季の世界大会の前年に国内大会がある。

 名古屋市で行われた開会式では、フィギュアスケート元五輪代表で大会サポーターの安藤美姫さんや小塚崇彦さんらと選手がペアでトーチを持ち、聖火をリレーした。

【 2018年09月22日 18時06分 】

ニュース写真

  •  「スペシャルオリンピックス」国内大会の開会式で、安藤美姫さん(右)と聖火をリレーする選手=22日午後、名古屋市
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース