出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

大津市民センター再編問題で公開質問状 市民ら

 大津市の市民センター再編問題で、労働組合や市民団体などでつくる「大津市政を考えるシンポジウム実行委員会」は10日、同センターの支所機能の存続を求めて、越直美市長と舩見順教育長宛ての公開質問状を市役所に提出した。

 質問状は「支所削減によってどの程度の経費削減を見込んでいるのか」「(他市と比べて支所の)数が多いから減らすという考え方は改めるべき」などとする内容。19日までの回答を求めている。

 市は36カ所の市民センターの支所機能を10カ所に集約する素案を示したが、一部地域から反対の声が上がっている。

【 2018年10月11日 07時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース