出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・時代祭で馬暴れ4人搬送 やりに驚き平安神宮境内走る

京都御所の建礼門前を出発した時代祭の行列(22日午後0時16分、京都市上京区・京都御苑)
京都御所の建礼門前を出発した時代祭の行列(22日午後0時16分、京都市上京区・京都御苑)

 22日午後3時5分ごろ、京都市左京区の平安神宮境内で、時代祭の行列に参加していた馬が暴れ出し、騎乗していた男性(20)=西京区=や観客の女性(76)=右京区=ら男女4人がけがをして救急搬送された。このうち、手綱を引いていた女性(48)=愛知県高浜市=が馬に右足を踏まれ、骨折の疑い。他の3人は軽傷の模様。

 川端署によると、行列が平安神宮に到着後、男性が手にしていたやりが馬の腹に接触。驚いた馬が男性を振り落とし、境内を数十メートル走って観客の女性にぶつかるなどしたという。

 京都市南区東九条東札辻町では、同日午前8時40分ごろ、同祭に参加予定だった徳川城使上洛列の馬が暴れ、転倒した。けが人はなかった。南署によると、動けなくなった馬を移動させるため、札ノ辻通の河原町-高倉間約100メートルが3時間にわたり、通行止めとなった。

【 2018年10月22日 23時14分 】

ニュース写真

  • 京都御所の建礼門前を出発した時代祭の行列(22日午後0時16分、京都市上京区・京都御苑)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース