出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

現職警部補が路上で女子高生押し倒しわいせつ行為 容疑で逮捕

向日町署
向日町署

 京都府警向日町署の警部補が8月、京都市北区の路上で少女を押し倒してわいせつな行為をし、けがを負わせたとして、京都府警捜査1課は25日、強制わいせつ致傷の疑いで、同署交通課警部補の東祐馬容疑者(34)=同区大宮西小野堀町=を逮捕した。東容疑者は「ほぼ間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は8月22日午後10時15分ごろ、北区の路上で、自転車を押して歩いていた女子高校生(16)を押し倒し、体を無理やり触るなどわいせつな行為をし、右肘などに軽傷を負わせた疑い。

 府警によると、少女が被害に遭った直後、自ら110番して助けを求めた。府警が現場周辺の防犯カメラ映像などを調べたところ、東容疑者が事件に関わった疑いが強まったという。

 府警の西元博史首席監察官は「警察職員が逮捕されたことは忸怩(じくじ)たる思いであり、捜査結果を踏まえ、厳正に処分する」とのコメントを出した。向日町署の西村英明副署長は「コメントできない」と話した。

【 2018年10月25日 11時30分 】

ニュース写真

  • 向日町署
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース