出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

中小路氏が再選出馬へ 京都・長岡京市長選

中小路健吾氏
中小路健吾氏

 任期満了に伴う京都府長岡京市長選(2019年1月6日告示、13日投開票)に、現職の中小路健吾氏(45)は26日までに、再選を目指して無所属で立候補する意向を固めた。11月初旬に正式表明する見通し。

 同市長選で立候補の意向を表明するのは、中小路氏が初めて。地元経済界や住民らが近く、支持母体「長岡京の未来を創る会」を組織して立候補を要請する。政党への推薦要請は今後検討する。

 中小路氏は同志社大大学院修了。03年に府議となり、民主党京都府連幹事長も務めた。14年に同党を離党、府議を辞職して15年の前回市長選で自民党と公明党の推薦、共産党推薦の2候補を破って初当選した。長岡京市下海印寺。

【 2018年10月27日 08時50分 】

ニュース写真

  • 中小路健吾氏
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース