出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

土地勘生かし不明の友人発見 お手柄の男性に感謝状 

感謝状を受け取る木村さん(城陽市富野・城陽署)
感謝状を受け取る木村さん(城陽市富野・城陽署)

 城陽署は5日、城陽市市辺で行方不明になった男性(86)を発見した友人の木村正彦さん(85)に感謝状を贈った。

 同署によると、男性は10月22日午後に山林の手入れに出たが帰宅せず、同日夜、家族が110番した。同署と市消防本部が始めた捜索で、木村さんは友人が不明になっているのを知り、協力した。23日午前10時35分ごろ、木村さん所有の山林で、倒れた竹に埋もれて身動きがとれず、軽傷を負っていた男性を見つけた。

 田中秀幸署長から感謝状を受けた木村さんは「土地勘がないと見つからない場所だった。今後、このような捜索では、地理をよく知る人を連れて行くのが必要だと思う」と話した。

【 2018年11月05日 19時30分 】

ニュース写真

  • 感謝状を受け取る木村さん(城陽市富野・城陽署)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース