出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

スーパー刺傷、容疑者男が住人とトラブル 玄関ドア破壊など

防犯カメラに写った容疑者とみられる男の映像。右手に刃物のようなものが見える(16日午後2時すぎ、京都市左京区)=住民提供
防犯カメラに写った容疑者とみられる男の映像。右手に刃物のようなものが見える(16日午後2時すぎ、京都市左京区)=住民提供

 京都市左京区のスーパー「イズミヤ高野店」で従業員の女性(35)が包丁で刺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された無職の男(45)=同区一乗寺赤ノ宮町=が事件の数カ月前から、居住するマンションの他の住人との間でもめ事を起こしていたことが、17日までに関係者への取材で分かった。トラブル相手の住人宅の玄関ドアが破壊される出来事もあったといい、下鴨署は、男の精神状態や、女性を刺した動機について慎重に捜査している。

 関係者らによると、男は2012年から同マンションに住み、2~3カ月前から他の住人との間で騒音を巡るもめ事を繰り返すようになったという。9月下旬には、下階の住人宅の玄関ドアとドアノブが壊されるトラブルが発生した。事情を尋ねられると、男は「うるさいからドアをたたきに行った」と話したという。

 一方、男がイズミヤ高野店で女性を襲撃した際、倒れ込んだ女性に馬乗りになり、執拗(しつよう)に刺し続けたとみられることも、下鴨署への取材で分かった。男は包丁を持ったまま、店北側の出入り口から歩いて逃げたという。同署は、男に強い殺意があったとみて動機を調べている。女性は犯人の顔を見ていないが、救急搬送時、捜査員に「心当たりがない」と話していたという。

【 2018年11月17日 20時00分 】

ニュース写真

  • 防犯カメラに写った容疑者とみられる男の映像。右手に刃物のようなものが見える(16日午後2時すぎ、京都市左京区)=住民提供

関連動画      

岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース