出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

骨髄バンク登録15分で完了 記者がやってみた 

 「骨髄バンク登録」と聞いたことはあっても、方法がわからず一歩踏み出せない人も多いのでは。記者が実際に体験してみると、思っていたよりも簡単で驚いた。

 バンク登録は全国各地の献血ルームや保健所などで随時受け付けている。記者が訪れた京都市下京区の「献血ルーム四条」では、バンクの基礎知識を説明するしおりを読んだ後、登録申込書を記入し、簡単な問診を受けた。2ミリリットルのみの採血で登録が完了し、痛みや体への負担はほぼ感じなかった。その後に献血もしたため40分ほど時間を要したが、バンク登録のみだと15分程度で済むという。

 実際にドナー候補に選ばれたとき、仕事や子育てを休んで骨髄提供に臨めるかは正直わからない。それは声が掛かったときに真剣に考えればいい問題なので、軽い気持ちでも、まずは登録してみることが大事なのではないだろうか。

【 2018年11月24日 11時55分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース