出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

元労働者ら、日産に怒り
「派遣を犠牲に巨額報酬」

 記者会見する、日産自動車の関連会社で雇い止めに遭った釜倉猛さん=26日午後、東京都千代田区
 記者会見する、日産自動車の関連会社で雇い止めに遭った釜倉猛さん=26日午後、東京都千代田区

 日産自動車の前代表取締役会長カルロス・ゴーン容疑者が金融商品取引法違反容疑で逮捕されたことを受け、日産や関連会社で派遣切りや雇い止めに遭った元労働者らが26日、東京都内で記者会見し「経営を理由に多くの労働者を犠牲にしながら、自分は巨額の報酬を得て、しかも隠すなんて許されない」と怒りを訴えた。

 支援する労働組合によると、日産は2008年のリーマン・ショック後、正社員や期間工、派遣社員らの大規模リストラを実施した。「報酬隠しをしたとされる時期は、人員削減の時期と重なる。『経営上必要だった』という会社の言い分が欺瞞だったのは明らかだ」と説明した。

【 2018年11月26日 22時01分 】

ニュース写真

  •  記者会見する、日産自動車の関連会社で雇い止めに遭った釜倉猛さん=26日午後、東京都千代田区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース