出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

女性の車9キロあおり、幅寄せし無理やり停止 容疑で男書類送検

 高知県警高速隊は7日、同県内の四国横断自動車道を乗用車で運転中、50代女性の車をあおり無理やり停止させたとして暴行容疑で、男性会社員(21)=同県大豊町=を書類送検した。

 書類送検容疑は、8月11日午後9時10分ごろから約6分間、高知県南国市の四国横断自動車道下り線で約9キロにわたり、女性の車と並走して車幅を詰めたり、進路をふさいだりし、高知インターチェンジの料金所前で停止させた疑い。「間違いない」と容疑を認めている。

 高速隊によると、関連する車のドライブレコーダーや目撃情報などから男性が浮上した。このあおり運転による衝突事故などはなかった。

【 2018年12月07日 15時33分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース