出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

木造3階建て民家が全焼 近くの高齢者施設の入居者、一時避難

白煙を上げる火災現場で懸命に消火活動にあたる消防隊員ら(7日午後8時4分、京都市伏見区醍醐上ノ山町)
白煙を上げる火災現場で懸命に消火活動にあたる消防隊員ら(7日午後8時4分、京都市伏見区醍醐上ノ山町)

 7日午後7時ごろ、京都市伏見区醍醐上ノ山町、大工の男性(54)宅から出火し、木造3階建て約220平方メートルを全焼した。出火当時、男性の両親ら6人がいたが、逃げ出して無事だった。京都府警山科署が出火原因を調べている。

 現場近くに住む男性(82)は「炎がかなり高く上がり、風があったため煙も広がった」と話した。近くの高齢者福祉施設「同和園」では、入居していた約30人が別の建物に一時避難した。

【 2018年12月07日 23時45分 】

ニュース写真

  • 白煙を上げる火災現場で懸命に消火活動にあたる消防隊員ら(7日午後8時4分、京都市伏見区醍醐上ノ山町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース