出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

今年の漢字は「災」 清水寺で発表

「災」の字を揮毫する清水寺の森清範貫主(京都市・清水寺)
「災」の字を揮毫する清水寺の森清範貫主(京都市・清水寺)

 師走に1年を漢字1文字で振り返る「今年の漢字」に「災」が選ばれた。京都市東山区の清水寺で12日、日本漢字能力検定協会(同区)が発表した。応募総数19万3214票のうち、20858票を集めた。

 今年の漢字は1995年に始まり、24回目。森清範貫主が奥の院の舞台で、大型和紙に力強く揮毫(きごう)した。

 応募者が「災」の字を選んだ理由として、北海道や大阪府北部の地震、西日本豪雨や台風、記録的猛暑などを挙げ、来年に新元号を迎えることから、災害の被害減少を願う声が多かったという。

 昨年は、度重なる北朝鮮のミサイル発射や核実験の強行、九州北部豪雨などを反映し、「北」が選ばれた。金融機関の経営破綻が続出した1997年は「倒」、東日本大震災があった2011年は「絆」だった。

 

【 2018年12月12日 14時40分 】

ニュース写真

  • 「災」の字を揮毫する清水寺の森清範貫主(京都市・清水寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース