出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

堀川氏が立候補へ 京都・長岡京市長選

堀川圭太氏
堀川圭太氏

 任期満了に伴う京都府長岡京市長選(2019年1月6日告示、13日投開票)で、共産党乙訓地区委員長の堀川圭太氏(41)が14日、無所属で立候補することを表明した。市長選には、現職の中小路健吾氏(45)が無所属での立候補を表明しており、二極対決となる公算が大きい。

 共産党や労働組合などでつくる革新系の団体「長岡京市をよくする会」(市川哲代表)が推薦する。

 同市の市産業文化会館で会見した堀川氏は「市の仕事は『まず、暮らし』。税の使い方や公共事業を市民目線で見直す。今の政治の下で困っている人たちに目の届く、あったかい市政を実現したい」と抱負を述べた。

 堀川氏は洛陽工業高中退。勤務先の製造業者の倒産を機に、2003年に共産党職員となり、17年から現職。長岡京市長岡2丁目。

【 2018年12月14日 21時38分 】

ニュース写真

  • 堀川圭太氏
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース