出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

スマホワスレタ…律儀に海外発送 外国人忘れ物に苦慮する宿

外国人客らの忘れ物。海外への配送は規制への対応や手続きなどで手間がかかる(京都市中京区・ソラリア西鉄ホテル京都プレミア)
外国人客らの忘れ物。海外への配送は規制への対応や手続きなどで手間がかかる(京都市中京区・ソラリア西鉄ホテル京都プレミア)

 京都市内のホテルや旅館など宿泊施設が外国人客の忘れ物に頭を悩ませている。近年の訪日外国人の急増に伴い、取り扱う忘れ物の数も増加。食品や化粧品、スマートフォン、アクセサリーなど種類は多岐にわたり、海外に送るための確認や手続きに時間と労力がかかるという。

 アジアや欧米からの観光客でにぎわう木屋町通沿いにある「ソラリア西鉄ホテル京都プレミア」(中京区)。夕方になると、清掃員が客室で見つけた忘れ物が事務室に届く。昨年11月下旬の平日には菓子パンやコーラ、肌着など約15点がかごに入っていた。「今日は少ない方。多い日はかごに収まらないほどになります」とスタッフの﨑山薫さん(25)が教えてくれた。

 同ホテルの客室数は200室で、外国人客だけで1日10~30点の忘れ物があるという。月に数件は「海外まで送ってほしい」との要望を受け、担当者が配送が可能かどうかといったことから確認している。海外への配送にはさまざまな規定があり、手続きなどに悩まされることも多いという。

 例えば、忘れ物に多い携帯電話やデジタルカメラなどのリチウム電池を含む製品は、電池が内蔵されていることなどの条件があり、一度に配送が可能な数量にも限りがある。化粧品や整髪料などのようにアルコールを含む製品は、アルコール濃度が24%以下でなければ送れない。現金の場合は、配達を受け付けていない国も多い。

 そもそも忘れ物なのか、捨てられたのかの判別ができない物も多いという。同ホテルでは担当者がリストを作成し、食品以外の物は3カ月間保管しているが、倉庫(約8平方メートル)は常に満杯の状態という。中村誠志総支配人(46)は「リストを作るだけでも大変な労力」と話す。

 ホテル側に金銭的な負担が発生するケースも。「ザ ロイヤルパークホテル京都四条」(下京区)では、昨年4月の開業後、スーツケースの忘れ物が既に6点もあった。スーツケースは捨てる際、産業廃棄物扱いになり、処分業者への委託料として1立方メートル当たり1万8千円かかるという。「中身は空のものばかりなので、わざと置いて帰ったのかもしれません」と川口泰宜支配人(46)は戸惑いの表情も見せる。

 チェックアウト時に忘れ物がないか確認してもらうための対策を講じることはできないのか。外国人客の忘れ物が1日に10~30点に上るという「リーガロイヤルホテル京都」(下京区)のコンシェルジュ山口典子さん(58)は「お客さまは非日常を楽しみにしている。客室の扉に『忘れ物はありませんか?』との紙でも張ろうものなら、せっかくの雰囲気を壊しかねません」と慎重な姿勢を示す。

 大阪市の物流管理会社「オー・エス・エス」は一昨年10月から、宿泊施設を対象に忘れ物などの発送業務を請け負うサービスを始めた。費用は施設側には求めず、客側に請求する仕組みで、1件当たりの利用料は平均約5700円という。全国980のホテルや旅館などと契約し、好評を得ているという。荒本修一社長(69)は「忘れ物をきちんと返すことはお客さまへのおもてなしにもなる」と強調する。

【 2019年01月01日 11時20分 】

ニュース写真

  • 外国人客らの忘れ物。海外への配送は規制への対応や手続きなどで手間がかかる(京都市中京区・ソラリア西鉄ホテル京都プレミア)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース