出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

バイクの19歳女性負傷 会社員を酒気帯び運転容疑で逮捕

 京都府警亀岡署は11日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、南丹市の会社員の男(54)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は11日午前0時40分ごろ、亀岡市大井町で酒気帯び状態で軽乗用車を運転し、同市の女子専門学校生(19)のバイクに衝突。専門学校生に右足打撲などのけがを負わせた疑い。

 亀岡署によると、「自宅で酒を飲んだ後、何か食べに行こうと思い、運転した」と供述しているという。

【 2019年02月11日 07時43分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース