出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

組員身分隠し府営住宅入居申請の疑い 逮捕の男「後で住もうと」

八幡署(八幡市)
八幡署(八幡市)

 京都府警八幡署は12日、詐欺の疑いで、八幡市男山美桜、暴力団組員の男(76)を逮捕した。

 逮捕容疑は、2016年6月30日、市内の府営住宅に入居していた親族男性の同居人と偽って申請し、居住していないにもかかわらず、男性の死去後、17年12月11日に暴力団組員であることを隠して入居申請し、入居の権利を不正に得た疑い。八幡署は他人に貸していたとみて調べている。同署によると、「後で住もうと考えていた」と容疑を否認している。

【 2019年02月12日 12時38分 】

ニュース写真

  • 八幡署(八幡市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース