出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「生徒に連日にわたって強い暴行」 いじめ自殺損賠判決要旨

大津地裁
大津地裁

 大津市で2011年10月、中学2年の男子生徒=当時(15)=が自殺したのは元同級生によるいじめが原因として、遺族が元同級生3人と保護者に計3800万円の損害賠償を求めた訴訟で、大津地裁(西岡繁靖裁判長)は19日、元同級生2人に約3700万円の賠償を命じる判決を言い渡した。大津地裁判決要旨は次の通り。

【認定した経緯】

 男子生徒は、共通の趣味であるゲームを通じて親しくなった被告A・被告Bとの間で友人関係を形成し、1学期から夏休みを通じてその関係を次第に深めていったが、2学期に入ると、被告A・被告Bが仕掛ける側、あるいは、いじる側、亡くなった少年が仕掛けられる側、あるいは、いじられる側という関係が固定化し、これが被告A・被告Bにおいて、亡くなった少年を格下と位置付ける意識の形成につながり、亡くなった少年に対する暴行などの行為が次第にエスカレートしていくことになった。

 こうした行為は、それ自体が男子生徒に心理的負荷を与えるものであることに加え、被告A・被告Bとの友人関係の崩壊や上下関係の固定化に伴い、男子生徒の強い孤立感・無価値感の形成に結び付いていった。

 そのような中、男子生徒は、希死念慮を口にするようになり、2011年10月上旬には、被告Aから連日にわたって強い暴行を受けたことから、被告少年らとの関係からの離脱も試みたが、その翌日には、被告B・被告Cに自宅に訪問されて著しく困惑させられることになり、自宅においても被告少年らとの関係から解放されないとの強い不安感を抱き、登校自体を避けることも考えるようになっていた。

【自殺との因果関係】

 以上の事実経過の中で、男子生徒が3連休の明けた10月11日朝の登校時刻に自殺したのであるから、男子生徒の自殺の主たる原因は、被告Aと被告Bの男子生徒に対する行為およびそこから形成された関係性にあったということができる。

 被告Aと被告Bの行為は、それ自体が男子生徒に心理的負荷を与えるとともに、友人関係を上下関係に変容させて固定化していき、そのような関係性の中で、男子生徒を精神的に追い詰める行動の積み重ねであったということができ、全体として、男子生徒に対し、希死念慮を抱かせるに足りる程度の孤立感・無価値感を形成させるとともに、このような関係が今後も継続するという無力感・絶望感を形成させるものであった。

 被告Aと被告Bのそれぞれが、他方の行為の主要部分を相互に認識しながらそのような行為に及んでいた以上、一連の行為が、一体として、男子生徒の自殺に結び付く違法な権利侵害行為に該当し、かつ、相互の意思関与の下にこれを共同したということができる。

 そして、こうした行為の積み重ねは、それ自体が男子生徒に孤立感・無価値感・無力感・絶望感を形成させるのに十分であって、そのような心理状態に至った者が自殺に及ぶことは、一般に予見可能な事態であったといえる。

 被告Cの行為は、男子生徒に希死念慮を抱かせるに足りる孤立感・無価値感・無力感・絶望感の形成という観点から、被告A・被告Bと一体となって関与していたとまではいえない。また、被告父母らについても、その監督義務違反があったとまでは認められない。

【 2019年02月20日 12時43分 】

ニュース写真

  • 大津地裁
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース