出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

パイプいす、バスケゴールに 体育館いす散乱、卒業式が遅延

バスケットゴールに引っかけられたパイプいす(滋賀県高島市今津町今津・高島高)=滋賀県警提供
バスケットゴールに引っかけられたパイプいす(滋賀県高島市今津町今津・高島高)=滋賀県警提供

 1日午前7時半ごろ、滋賀県高島市今津町今津の高島高の体育館で、パイプいすが積み上げられたり、壁にガムテープが貼られているのを、教職員が見つけた。高島署が建造物侵入の疑いで調べている。

 同署と高島高によると、体育館にはパイプいす8脚が高さ2メートルに積まれたり、1脚がバスケットゴールに引っかけられていた。また、ガムテープが壁やパイプいすに貼られていた。窓が施錠されていなかった可能性があるという。

 同高によると、この日は卒業式で、体育館にはパイプいすなどを並べていた。2月28日午後6時ごろに教職員が確認した際は異常はなかったという。

 同高は卒業式を約10分遅らせて行った。

【 2019年03月02日 13時27分 】

ニュース写真

  • バスケットゴールに引っかけられたパイプいす(滋賀県高島市今津町今津・高島高)=滋賀県警提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース