出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の花冷え、ツバキも雪化粧 強い寒気入り最低気温2・2度

雪化粧した大原の里(3日午前8時15分、京都市左京区大原草生町)
雪化粧した大原の里(3日午前8時15分、京都市左京区大原草生町)

 強い寒気が流れ込んだ影響で冬型の気圧配置が続き、京都府内の各地は3日朝にかけて2月上旬から3月上旬並みの寒さとなり、京都市内では降雪もあった。

 京都市では早朝に最低気温が平年より4・3度低い2・2度まで下がり、左京区大原ではツバキや梅の花が咲く中で民家の屋根や田畑にうっすらと雪が積もっていた。南丹市園部町は氷点下1・6度を記録し、同市美山町や京田辺市でも氷点下となった。

 京都地方気象台によると、3日の日中から次第に気温は上がるという。4日以降は、朝に放射冷却の影響で冷え込むものの、平年並みの暖かさに戻る見込み。

【 2019年04月03日 13時08分 】

ニュース写真

  • 雪化粧した大原の里(3日午前8時15分、京都市左京区大原草生町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース