出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

違うワクチンを女児に注射 おたふくかぜに日本脳炎、妹と混同

滋賀県東近江市役所
滋賀県東近江市役所

 滋賀県東近江市は17日、市蒲生医療センター(同市桜川西町)で、おたふくかぜワクチンを予防接種する予定だった市内の女児(5)に、誤って日本脳炎ワクチンを注射したと発表した。健康被害が出る可能性は低いという。

 同センターによると、16日午後3時45分ごろ、女児は母親、妹と来院した。妹には日本脳炎ワクチンを注射する予定で、小児科の男性担当医が女児も同じワクチンを接種させるものと勘違いして注射した。注射後、担当医は間違いに気付き、その場で母親に謝罪した。

 同センターの取り決めでは、予防接種の際には氏名やワクチン名を保護者や周囲の看護師に確認することになっていたが、担当医は怠ったという。

 同センターは女児の体調に変化がないか診察を続ける予定で、「二度とこのようなことが起こらないよう、医療安全に万全を期していく」とコメントした。

【 2019年04月17日 19時10分 】

ニュース写真

  • 滋賀県東近江市役所
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース